忍者ブログ
ゆみおかの日記や何気なく思ったこと、また、同人サークル「みおつくし」の情報など。 フリートークも多いですが、同人の話も多々含まれますので、苦手な方は引き返しましょう。   リンクにつきましては、カテゴリアーカイブの中の「リンクについて」をクリックして、 その中の最新の記事を読んでいただけると幸いです。といいますか、読んで。   ブログに対するコメント(つっこみ)も大歓迎。
[167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177]
最近、ブログの更新頻度が高いなぁ。
さすがわたし。

さて、某所の擬人化キャラですが、
「ぴあの」も「ノッカ(カタカナ?ひらがな?)」も
かわいくてとても好きなのですが、
わたしはめがねよりポニーテールですね。
そんなわけで、「ノッカ」の方が若干好み。

・・・訳が分からない方、ごめんなさい。

さてさて、ポニーテール好きなわたしですが、
今回はめがねについてお話ししてみます。

「めがね」はとても崇高なアイテムです。
個性を司る大切なものです。

さて、今このブログを読んでいるあなたにとっては
「めがね」はどういうポジションでしょうか。
「めがねは顔の一部です派」?
(↑某CMのコピーです・・・すみません)
それとも、「めがねはあくまで飾り派」?

別の言い方をしますと、某偉人の名言の
盗用ですが、(←ごめんなさい・・・)
『かけていない「めがね」は「めがね」じゃない』のか
『かけたりはずたりしてこそ「めがね」』なのか
ということです。

・・・もっとわかりやすくいいますね(苦笑)
「めがねは顔の一部です派」というのは、
めがねをつけていることによって、知的度やまじめ度、
その他もろもろのステータスが上がるのが良い。
いってしまえば、めがねをはずしたら
キャラクターの価値が下がってしまうのでダメ!!
そういう考えを持っている方ですね。

もう片方は・・・たとえていうのでしたら、
『NGラムネ』の「ココア」や『ラブひな』の「成瀬川なる」
のような、めがねを外したときのギャップに
心ときめく・・・というような感じです。
普段はめがねをかけているけど、
不意にめがねを取ったときにその奥の瞳にどきっ!!
そういう考えを持っている方ですね。

さて、みなさまはどちらでしょうか。
聞くところによると、めがねキャラが好きらしい
(ここのブログを見ていないと思いますが)Tさん、
そしてMさん。あと、Lさんも。
Wさんはめがねキャラ「も」すきですよね。
いかがなものでしょうか?
あ、別の派閥があれば、聞かせて欲しいです。
自分なりの「めがねキャラ」の良さの解釈を。

最近、「めがねっ娘」は多いのですが、
先に挙げた2つの「めがねキャラ」で、
後者のタイプのキャラって少ないですよね。
前述の2名と・・・あと「ティラ」とか?
『スラムダンク』の「木暮さん」も(男キャラですが)
こちらに含まれますよね。
それにしても、少ない・・・
やっぱり、主流ではないのでしょうね。

ちなみにわたしもめがねキャラ。
そこには「萌え」は存在しませんが(吐血)

ほんとはもっと別のことを語るつもり
・・・だったのですが、忘れてしまいましたので、
思い出したときにでも書きますね。
今回のめがねのお話はここまで。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/07 NONAME]
[01/01 おやっさん]
[05/20 柳 木綿]
[12/31 柳 木綿]
[12/28 柳 木綿]
[11/03 silver]
[07/03 柳 木綿]
[05/25 柳 木綿]
[04/16 柳 木綿]
[01/27 葉村]
プロフィール
HN:
ゆみおか
性別:
男性
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]