忍者ブログ
ゆみおかの日記や何気なく思ったこと、また、同人サークル「みおつくし」の情報など。 フリートークも多いですが、同人の話も多々含まれますので、苦手な方は引き返しましょう。   リンクにつきましては、カテゴリアーカイブの中の「リンクについて」をクリックして、 その中の最新の記事を読んでいただけると幸いです。といいますか、読んで。   ブログに対するコメント(つっこみ)も大歓迎。
[359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご存知の通り、わたしは近鉄ファンです。
近鉄バファローズ消滅以来、
特に応援している球団もなく、
プロ野球をテレビなどで観戦しています。

で、わたしが今回話題にしたいことが、
先日(24日)の阪神・ロッテ戦。

4対4で同点の9回裏、1アウト満塁。
バッターは城島。
ホームランやヒットならもちろん、
犠牲フライでもサヨナラ勝ちの場面。

ここで、城島は注文どおりの外野フライ。
三塁ランナーのマートンが悠々ホームインで
阪神のサヨナラ勝ち。

・・・と思いきや。

結果は確かに阪神が城島の犠牲フライで
サヨナラ勝ちしたのですが、
プロの選手としてありえないプレーが。

城島の外野フライでマートンが生還したのですが、
このフライで二塁ランナーの新井が
何を考えたのか三塁に向かってタッチアップ。
それに気づいたロッテのセカンドの井口が三塁へ送球。
タイミング的には完全にアウト。

マートンがしっかりと走っていて
先に本塁を踏んでいたからよかったものの、
もし、マートンが余裕を持って走っていたら、
本塁を踏む前に三塁で新井が先にタッチアウト、延長戦。
・・・などということになっていたわけで。

ノーアウトの場合なら、状況に応じて
三塁へのタッチアップも考えられなくもないですが、
今回の場合は、ただただ危険なだけで、
何の意味もない走塁。

思わずため息が漏れてしまう、そんなプレーでした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/01 おやっさん]
[05/20 柳 木綿]
[12/31 柳 木綿]
[12/28 柳 木綿]
[11/03 silver]
[07/03 柳 木綿]
[05/25 柳 木綿]
[04/16 柳 木綿]
[01/27 葉村]
[01/20 おやっさん]
プロフィール
HN:
ゆみおか
性別:
男性
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]